趣向を凝らした宗教色のないお葬式

宗教色のないお葬式、つまり、僧侶による読経という儀式を省略した告別式だけのお葬式には決まった形式はなく偲ぶ会やお別れ会などと呼ぶこともあります。
菩提寺がある場合でも葬儀と法事だけの付き合いで宗派の信者でないということから宗教色のない葬儀を選ぶケースも増えてきました。
結婚式や法人の宴会需要の拡大が見込めないホテル業界では、遺体を運び込むことはできませんので、家族葬などでしめやかに行った後に、偲ぶ会を積極的に提案しているとこともあるほどです。
もちろん宗教色のないお葬式であっても葬儀会館で行うことも可能です。
故人が好きだった歌を流したり、故人の想い出を一人ひとりが語り合う演出などを行ってくれるところもあります。
加えて会場内に故人の遺品を飾ることも最近では一般的になっています。
首都圏では菩提寺を持たない遺族が半数を占めているといわれており、お別れ会形式を望む人も3割を超え、新たな葬儀スタイルが確立されているのが現状です。

ビジネスライフをユニフォーム
でhappyに

1ダイブ2500円
の格安ツアー実施中

明るい雰囲気にしてほしい方もたくさんいます

終活を進めていく中で、お葬式のことを決めていく時に悲しい気持ちや暗い雰囲気の中で葬儀を進めてほしくない場合、明るい雰囲気で進めてもらえるように工夫をすることも可能です。
亡くなった方が好きな音楽を流すようにすることもできますし、全体の雰囲気を白などの明るい雰囲気で花や写真を飾っていき、素敵な雰囲気の中でお葬式を進めてもらえるようにする方法もあります。
終活を進めていく中で、いろんな方法があることをきちんと知っていることで、家族に希望の葬儀を伝えることができ、お金などもきちんと用意しておくことができます。
安心して老後の生活を送ることができるように、お葬式のことなど、きちんと学んで必要なことを準備しておくことも大切です。
明るい雰囲気で葬儀を進めてもらえるように、使ってほしい写真をたくさん残しておくこともおすすめです。
あまり写真がない方は、笑顔で素敵な写真を撮影していき、残していくことも大事なことです。