お葬式の時に戒名と俗名とどっちを使うか

戒名とは仏弟子になった証の名前であり、亡くなった人につける名前ではないので、本来は生前につけておくべきものになります。
生前につけてもらえば好きな文字を入れてもらうこともできますし、戒名にも愛着が湧くかもしれません。
そのため、配偶者が亡くなった時に一緒につけてもらうケースも多いです。
戒名というのは、生前のお寺への貢献度合いや人となりなどを考慮して住職が授けるというのが建前です。
また、戒名をつけてくれる住職のランクが高いと必然的にお布施が高くなる傾向です。
しかし、お金を出せばランクの高い戒名をもらうことができるという風潮が高度成長期以降、顕著になってきました。
近年では、家族葬や参列者が少ないお葬式が増え、戒名の必要性を感じない人が増えています。
お布施が高い、安いに関係なく、亡くなった時に僧侶が慌てて戒名を授けるよりも、亡くなったとしても親がせっかくつけてくれた名前なので、俗名のままがいいという人も多いです。

営業効果のあるWEBサイト
ならディグラートまで

格安のOEM代行
でお得にお買い物してください

男女別の葬式に適している服装について

葬式には白もしくは黒の服を着ていく事がマナーとされています。
しかしながら、具体的にどのような服を着ればマナー違反にならないか判断に迷います。
基本的にカジュアル過ぎなければ、会場内で浮く事はありません。
例えば、男性の場合はスーツの着用が一般的です。
しかし、黒のスーツであればワイシャツやネクタイが派手な色であってもマナー違反にならないという訳ではありません。
白シャツに黒無地のネクタイを身に付け、控え目な服装を心掛ける事が大切です。
一方で、女性の場合は必ずしもスーツで参加しなければいけないという決まりはありません。
男性同様に衣服の色は黒が条件となりますが、肌を露出しないワンピースの着用が認められています。
女性は男性と比べると服装の規定が厳しく設定されていない為、葬式の服選びに苦労する場合も多いです。
迷った場合は、スーツの着用が無難です。
葬式の場は私達が生活している場と異なり、死者や親族に対しての配慮や礼儀が必要となります。
決められた服装で葬式に参加する事は残された親族への心遣いとなります。